ホーム>Craftman 熟練 靴職人紹介

Craftman 熟練 靴職人紹介

熟練 靴職人 髙橋 直道

髙橋 直道 Takahashi Naomichi

このスリッパを作り続けるのは、靴職人歴45年の髙橋直道。
昭和14年生まれ 20歳で靴業界に入り、40歳のときに独立。
世界一流ブランドの靴を手がける靴職人です。 その作品は、医師や弁護士、トップマネジメントなどに愛用者多数。 その品質が認められ、皇室御用達として天皇家にもその作品をお納めしてきました。 過去には東京都経済産業部(当時はそう呼ばれていました)のファッション関係の 顧問を歴任。 その仕事経験がものづくり、こだわりをはぐくみ、今日に至っています。 また静電気の防止についても造詣が深く、過去には、10数本ものテレビ番組に出演。 東京都異業種交流会や足立フォーラムなどで精力的に講義活動をしています。

座右の銘:虎とみて、石に立つ矢の試しあり

昭和14年生まれ。20歳で靴業界に入り40歳で独立。
ヨーロッパから多くの技術を学び、独自の製法を開発することで、日本で初めて高級スリッパを作り上げる。優れた技術とデザイン力において、昭和天皇をはじめとして多くの皇帝の方々の信頼を得る。
2009年4月 日本テレビ「皇帝日記」他 出演。